30代 資格

30代の就職・転職に有利な資格ガイド

30代の就職・転職に有利な資格

行政書士の年収

巷では「行政書士では食えない」「年収300万以下」などと言われていますが、果たしてどうなのでしょうか。どれくらい稼ぐことができるのか、とても気になるところ。しかも30代は、結婚をして家庭を持つ人も多いと思いますので、生活できるくらいの年収がなければ困りますよね。

一口に行政書士といっても働き方はさまざま。
働き方によっても年収は異なります。
①行政書士事務所のスタッフとして働いている人
②主婦が自宅でアルバイト程度に業務を行っている人
③事務所(または自宅)を持ち、独立開業している人

①は、アルバイトやパート、正社員など雇用形態によっても異なりますが、あまり高収入は見込めません。正社員の初任給で年収200万くらいでしょうか。
②は、主婦業の傍ら業務を行っているため、毎月10万以下、本当にアルバイト程度でしょうね。
③は、ぴんきりで、年収100万以下の人もいれば、年収数千万を稼いでいる人もいます。なぜそんなにも年収に差があるのかというと、
年収=人脈・営業力
だからです。
行政書士は一つの業務を行うごとに報酬がもらえ、報酬額はある程度決まっていますが、自分で自由に設定できます。
人脈があって営業力がある人には、仕事がたくさん来ますし、人脈がなくて営業もしていない人には仕事はありません。仕事が軌道に乗るまでには2~3年はかかりますので、それを覚悟の上、開業してください。
より、早く仕事を軌道に乗せるためには、開業する前にある程度の人脈を作っておくなどの準備しておくとよいでしょう。

行政書士を取るなら通信講座で!
http://www.foresight.jp/gyosei/