30代 資格

30代の就職・転職に有利な資格ガイド

30代からはじめる資格試験

独立開業できる資格とは?

いま会社員として働いている人の中にも、20代で仕事の経験を積み「30代で独立」と考えている人もいると思います。
独立は大きく分けて、今までの経験を活かして独立するパターンと、資格を取って全く違う職種にチャレンジするパターンとがあります。

今までの経験を活かして独立するパターンの代表例

生命保険会社でファイナンシャルプランナー(FP)として勤務
⇒保険代理店として独立

近年、増加しているのが保険代理店。これは数社の保険商品を扱うもので、顧客はひとつの会社に限定せず、様々な保険商品が選べるので需要が高まっています。その他、ファイナンシャルプランナー(FP)は、ファイナンシャル・プランニング会社や証券仲介業者としても独立可能です。

資格を取って全く違う職種にチャレンジするパターン

一般企業の営業部に勤務
⇒行政書士の資格を取得して独立

行政書士という資格は、一般企業で活躍できる資格ではありませんし、会社員が副業として行政書士の業務を行うことはできません。従って、行政書士として働くのであれば、会社を辞めて、行政書士事務所や法律事務所に勤務するか、独立開業という道しかないのです。

飲食店や商店は、開業するのに数百万~数千万のコストがかかりますが、例えば行政書士として独立した場合は、パソコンやプリンタ、電話、FAXなど最低限の機器があれば開業が可能です。初期費用はほとんどかかりませんし、万が一廃業してもリスクは少なくて済みます。

資格を取って独立開業といえば、弁護士や公認会計士、税理士といった士業が思い浮かぶと思いますが、行政書士はそれらの資格と比べて難易度は低いですし、幅広い業務をすることが可能なので、ある程度の社会経験がある30代にはおすすめの資格といえます。

通信講座で資格を取って独立開業を目指そう!
http://www.foresight.jp/