30代 資格

30代の就職・転職に有利な資格ガイド

30代の就職・転職に有利な資格

診療報酬請求事務能力認定の年収

医療事務の世界では、まとまった年収を稼げる機会はめったにないでしょう。それは、「診療報酬請求事務能力認定」のほか、どれかの資格を持っていても、その事実は変わりません。

特殊なスキルを要求される仕事であるとはいえ、診療報酬請求事務能力認定の合格者がやるのはあくまでも事務作業ですね。このような職業では自然と年収には上限があります。高めでも400万円くらい、500万円くらいに達することはほとんどないでしょう。あるとしたら、何か別の仕事も任されているような場合になりそうです。

医療事務は年収よりも、違う方面に価値を見いだせる職業

医療事務は元来、大金をつかむことを期待して就業する業務ではありません。(女性が中心の世界では往々にしてこのような傾向がありますが)家庭と仕事の両立を狙いたい場合や、家庭を随時優先させながらも、長期にわたって仕事を続けたい場合に適した資格です。
しかしあくまでも医療事務は、単なるパート業務等とは違ったれっきとした職業であり資格です。

就職時の強さという意味では、「診療報酬請求事務能力認定」のような有力資格を持っている場合の医療事務希望者はたいへん恵まれた状態になれます。病院は全国のどこに行ってもありますし、人手不足気味になっているケース(もちろんこれは、病院によって格差が激しいのですが)もあります。診療報酬請求事務能力認定の資格と経験を獲得しておけば、ブランクがあっても年を経ていても採用のチャンスは確かに拡大します。
医療事務は、年収以外のメリットを期待して選ぶべき職業であるという結論になるでしょう。