30代 資格

30代の就職・転職に有利な資格ガイド

30代の就職・転職に有利な資格

診療報酬請求事務能力認定の業務内容

「診療報酬請求事務能力認定」とは、医療事務の資格の一種です。
医療事務の資格は何十種類もあるそうです。その中で有名な資格は、当然ですが数種類しかないそうですが大半が一般の民間資格だそうです。
しかし「診療報酬請求事務能力認定」は公益財団法人が母体となっていて、ひと味違う資格と考えられています。

医療事務の業務内容

病院の待合室に座っていた時を思い出してください。
受付の向こうを思い出してみると察しが付くと思います。つまり、受付で対応しているスタッフさんのうしろで、いろいろな書類を取り出したりしまったりしている人や、画面とにらめっこしている人がやっていることですね。あれは結局、医療の特殊な事務仕事。でも、ただ患者のカルテを整理しているだけではありません、いちばん特殊なのは、「診療報酬の明細書」をつくる仕事です。あれは独特の仕様やルールが山ほどあって、それにしたがって計算をしないといけないのです。そこで、医療事務に従事する人たちのその技能を証明するための資格がたくさん制定されることになったというわけです。

30代で「診療報酬請求事務能力認定」は遅すぎる? 

病院の受付で医療事務をやっている女性たちは、若い女性ばかりではありません。仕事に年齢制限は特にないわけです。

就職先を探すときは、年齢の影響はゼロだとはいえません。確かに、病院によっては若い女性を希望するところがありうるからです。
しかし資格を持っていればそれだけでだいぶ有利になりますし、若くない女性でも雇用されている例は無数にあります。そのよい例は、結婚や出産を機に仕事を辞めていた女性が、しばらくしてから再度医療事務の仕事に戻っている例でしょう。

逆に言えば、30代に入っているからこそまずこの診療報酬請求事務能力認定という資格を取ってから、医療事務の仕事を探すほうが得策です。