30代 資格

30代の就職・転職に有利な資格ガイド

30代の就職・転職に有利な資格

日商簿記2級の年収

簿記を取得していることで、一番のメリットは就職や転職に有利だということです。新卒の学生が簿記2級以上の資格を持っていれば、同レベルの学生よりも確実に評価は上がります。
転職の場合は、資格に加えて実務経験が重視されます。逆に実績がありながら、まだ簿記の資格を有していないという人は、ぜひ資格を取得してください。

では、簿記の資格があると、年収はどのように変わるのでしょうか。

残念ながら、簿記=年収アップ
とまではいきません。簿記2級の資格を持っているからといって、大幅に年収が上がることはなく、基本給に3,000円~5,000円の資格手当が付けば、まだ良い方ですね。また、簿記は企業内で活躍できる資格なので、簿記だけで独立開業することはまず不可能です。
簿記を取得するメリットはたくさんありますが、残念ながら年収についてだけではメリットがあまりないのが現状です。

しかし、気落ちすることはありません。
簿記2級よりももっと上を目指せば、年収もキャリアアップも大幅にアップすることも可能なのです。

税理士や公認会計士も夢じゃない!

税理士や公認会計士は、超難関資格というイメージが強いため、30代からこれらの資格を目指すことは無理なのでは?と思っている人もいるでしょう。
しかし、無理なことなんてないのです。そう、税理士や公認会計士もすべては簿記3級からスタートしているのです。

簿記1級の資格を取得するのは、かなり難しいですが、合格すれば税理士の受験資格がもらえます。また、公認会計士には受験資格がありません。簿記の勉強をしている人誰もが税理士や公認会計士になれるチャンスがあるのです。せっかく簿記の勉強をするのであれば、2級だけにとどまらず、上を目指してほしいと思います。税理士や公認会計士になれば、独立開業だって可能ですし、大幅な年収アップも見込めます。
ただし、簿記は特殊ですし、専門性が強いので人によって合う合わないが、はっきりしている分野です。初学者はまず簿記3級の勉強をはじめてみて様子をみるのがよいかもしれません。

簿記3級8,400円~、簿記2級29,400円~と安い!
http://boki-tsusin.com/