30代 資格

30代の就職・転職に有利な資格ガイド

30代の就職・転職に有利な資格

ファイナンシャルプランナー(FP)の年収

ファイナンシャルプランナー(FP)の資格を取得するにあたり、年収はどれくらい稼げるのか?ということは気になるところ。とくに30代、未経験での転職ですと余計に思いますよね。
ファイナンシャルプランナー(FP)年収は、企業系と独立系では大きく異なります。

企業系ファイナンシャルプランナー(FP)の年収

保険会社や証券会社、銀行などの金融機関では、ファイナンシャルプランナー(FP)の資格を取得していると、就職・転職に有利ですが、ファイナンシャルプランナー(FP)の資格を取得しただけでは、もちろん年収は大幅にアップしません。期待できるのは、5,000円~1万の資格手当のみです。

ただし、資格を活かすかどうかはアナタ次第。例えば、生保レディの給与は、基本給+資格手当+歩合という給料形態が多く、一番大きな割合を占めるのが歩合の部分なのです。生命保険会社の場合は、顧客が保険を変更したり、更新する度に手数料が入っています。顧客数が20や30もある人は、歩合だけでも数十万になります。年収1,000万超えも夢ではありませんよ。

独立系ファイナンシャルプランナー(FP)の年収

独立系の場合は種類によって違いますが、主な収入源は、顧客に商品を紹介した仲介手数料と相談料です。独立系はすべての資格においていえることですが、営業力と人脈がとにかく大切。そのためには、しっかりと仕事をこなすことはもちろん、顧客の話を親身に聞き、信頼を得ることが重要になってきます。仕事が軌道に乗っていけば、高収入も期待できます。

合格率が高い!人気のFP通信講座
http://www.foresight.jp/fp/